Skip to content

Mimblewimbleについて

Mimblewimbleは、匿名の開発者によって提案された新しいブロックチェーンの仕組みです。元々はビットコインのスケーラビリティやファンジビリティに寄与するためにビットコインのメインチェーン、もしくはサイドチェーンで実装することが考えられていましたが、Mimblewimbleは従来のチェーン構造とは大きく異なる構造を持っているため、現在は全く別のブロックチェーンとして開発が進められています。

具体的には以下の特徴があります。

Warning

他の暗号通貨プロジェクト同様に黎明期の仕組みであり、一見盤石そうな技術やチームであっても深刻な脆弱性を含んでいる可能性は大いにありますので注意が必要です。実際にBEAMはローンチ直後に深刻な脆弱性が見つかり、開発チームによって修正されています。最悪の場合、自身が保有しているコインが消失し、資産の全てを失う可能性があります。

Mimblewimbleの背景について

Mimblewimbleにまつわるストーリーについては以下の記事をご覧下さい。

Mimblewimbleの歴史 - mimblemimble.jp

目次

  1. Mimblewimble大作戦 - ハリーポッターからIRCへ
  2. Mimblewimble - IRCからRLへ
  3. Mimblewimbleとその実装
  4. Mimblewimble - 無限の彼方へ

Mimblewimbleの基礎技術について

Mimblewimbleの基本的な説明はこちら。

サルでも分かるMimblewimble - mimblemimble.jp

目次

  1. Bitcoinは2つの要件を満たすために3つの秘密を漏らす
  2. 乗算は易く、因数分解は難し
  3. 情報を守りながら所有権を検証するために乗算の性質を利用する
  4. 取引額を隠す
  5. 分配法則を活用する

Mimblewimble系プロジェクト

現時点で開発が進んでいるプロジェクトとしては、

  • Grin
    • ビットコイン型(※1)
  • BEAM
    • Zcash型(※2)

の2つがあります。

※1 コミュニティ主導型。開発を主導する企業が存在しない。ICO・プレマインなし。

※2 企業主導型。開発を主導する企業が存在する。ICO・プレマインなし。ブロックリワードの一部が開発企業に割り当てられる。

同じMimblewimble系ではあるものの異なる特徴を持つGrinとBEAMの比較はこちら。

GrinとBEAMの比較 - mimblemimble.jp

貨幣的な性質を持つPoWコイン(BTC, XMR, DCR, ZEC)とGrin/BEAMの比較はこちら。

BTC, XMR, DCR, ZECとの比較 - Mimblewimble.jp